最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    更新情報

    底地の売却をするときの注意点

    自分の土地を貸していたものの、何かしの理由によってその土地を手放したいということもあるでしょう。
    底地とはどのようなものなのか、底地を手放したい場合はどうすればいいのかなどを知っておかなくては、売買をするときに損してしまったり、トラブルになることもあります。

    そもそも底地とは?

    底地とは、土地の所有権は持っているものの、借地権を持っている人に土地を貸している状態のことを指しています。
    つまり、土地の所有者ではあるものの、建物は土地を借りている人物のものになっているため、土地を自分の意志で利用することができる状態ではないということになります。

    底地を手放したいケースが増えてきている

    敷地内に物件や家がある場合、建物の固定資産税に対しては、建物の所有者が支払うことになるのですが、土地の名義は底地の所有者になるため、土地の固定資産税は発生することになります。
    土地を貸している人物と契約を結び、土地の地代は支払ってもらっているわけですが、東京などのような都会の場合は、土地の地価も高い状態になっていますので、地代よりも固定資産税のほうが高くなってしまい、結局マイナスになってしまうため、売却をしたいという地主の方も最近増えてきています。

    借地権がある人の承諾を得ないと売却をすることはできないのか?

    借地権を持っている人の場合、底地の権利者である地主から承諾を得なくては、借地権付の家などのような物件を売却することはできません。
    しかし、反対に地主の場合は、借地権を持っていない人の承諾を得なくても、底地を売却することができるようになっています。
    土地は元々自分の土地であり、貸しているだけですので、法律上承諾を得る必要はないのですが、借地権を持っている人物とそれなりに進行がある場合、なんの通達もせずに底地を売却してしまうと、後々人間関係に支障が出てしまうかもしれません。
    ですので、親交があるのであれば、底地を売却しようかと考えていることを知らせるようにした方がいいでしょう。

    相続税対策に生前売却をしたい地主が増えている

    東京などのように地価がとても高いところの底地を持っている場合、死後に家族に相続税が発生してしまう可能性が高いです。
    そのため、まだ生きている間に底地を売却して、少しでも家族の負担を軽減させたいという地主も多くなってきています。
    土地の利用権はなくても、土地の所有者であることに変わりはないですから、土地がある地域によっては相当の相続税が発生してしまうこともあるのです。
    生前に売却をして対策をしておけば、家族への負担を軽減させられるようになります。

    底地の不動産価格はいくら?

    底地の不動産価格はいくらなのかについてですが、これはその土地によって違ってきます。
    不動産価格というのは、土地の価値だけではなく、不動産の価値も付随されています。
    つまり、底地だけの価格だけではなく、その土地の上にある借地権を持っている人の物件もセットになった価格になっているのです。
    また、不動産価格のうち、底地の価格は全体の何割ほどになっているのかについてですが、路面図を見ることで、何割程度が底地権にあるのかが記載されています。
    平均をすると、だいたい底地権の価格は、不動産価格の40%ほどになっているというのが相場になっています。
    ですので、不動産価格が4000万円だとすると、2000万円以下くらいの価値があるということになります。

    注意点

    不動産価格のうち、底地は4割程度を占めているのですが、不動産の買取業者にいざ売却をしようとしたら、1割程度の価格を提示されてしまうということもあります。
    これは、土地の所有権だけに過ぎず、底地権だけでは、土地を自由に活用することができないことが原因になっています。
    ですので、少しでも高く売却をしたいと思っているのであれば、借地権を持っている人に売却をするか、借地権を持っている人と合同で買取業者や第三者に売却をするようにしたほうが良いでしょう。
    ただ、不動産の買取業者に依頼をすると、確かに底地権だけだと、かなり安い金額で買取されることになるのですが、借地権を持っている人との交渉などを一切することなく完了させることができるというメリットが有ります。
    ですので、土地は代々貸していても、全く面識もないという相手や、遠方に住んでいるという相手なのであれば、買取業者に買い取ってもらって、あとは買取業者と借地権を持っている人の話し合いで済ますことができるようになります。
    または、借地権を持っている人と面識があるのであれば、底地を借地権を持っている人に売却したり、反対に借地権を買い取ってから、買取業者などに買い取ってもらうという方法もあります。
    まとめ
    底地を売買したいけど、結局どうするのが一番得なのか判断しがたいということもあると思います。
    このようなときには、ななみ都市開発のように、いろいろな方法の中から、一番得な方法を提示してくれる買取業者に相談をしてみるのもいいでしょう。
    方法の提案をしてくれるだけではなく、必要な手続きや交渉などもななみ都市開発に依頼をしておけば一切をしてくれますので、とても安心です。
    底地権の所有者と借地権の所有者がトラブルになってしまうということもありますので、第三者に仲介をしてもらうことも検討してみてください。